グルメ、食べ歩き、お店の感想、風景、ちょこっと情報。東京の散策レポートブログ「東京さくさく」youtube動画や写真でup

「東京さくさく」東京の街を動画や写真でアップ。いろんなお店や食べ物、名所などを地図つきでレポートしまーす。

東京さくさく 今月の記事 主に東京23区内の都内の様々な情報リンク集。全国的に使えるサイトもあります。プール、アミューズメント、イベント、観光、散策、お寺や神社、お祭りやデートスポットにショッピングと役立つサイトがあると思いま
東京の景色や建物や風景なんでもない写真集
自分なりに料理
東京さくさくで記事にしたお店の一品を管理人の感性で順位をつけて、紹介しています。
東京さくさくの記事で紹介しているネット通販の様々なグルメの人気ベスト5です。
根わさび かす漬けと醤油漬け

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真冬の池の一枚

写真に写るのは「マガモ」や鴨(かも)の仲間の「キンクロバジロ」。

真冬の寒い恩陽公園(おんしこうえん)の不忍池(しのばずのいけ)。

首が緑なのがマガモ、黒いのがキンクロバジロ。

茶色の鴨はそれぞれの種類の鴨のメスの鴨です。

寒くても池の中のプランクトンをひたすら食べる。

そうすることで脂肪がついて水に浮くし、寒さもなんのその。

ちなみによく鍋にする「合鴨(あいがも)」は「アヒル」と「マガモ」をかけたアイノコです。

マガモ

-----必要な、常時

クワッ、クワッ、クワッ、スイスイスイ。

クワッ、クワッ、クワッ、スイスイスイ。

いつでも食べていないと生きて行けないよ。

忙しいったら、ありゃしない。

冬の冷たい水も夏のぬるい水も

クワッ、クワッ、クワッ、スイスイスイ。

クワッ、クワッ、クワッ、スイスイスイ。

生きて行くには必要なことだよ。
特に寒さの厳しい時にはとっても大事だよ。

ジャブジャブいつまでも、水に顔をつっこんでみてもお腹はそれほど満たされない。

クワッ、クワッ、クワッ、スイスイスイ。

クワッ、クワッ、クワッ、スイスイスイ。

止めたら、お腹が空いちゃうよ。
忙しいったら、ありゃしない。

クワッ、クワッ、クワッ!!

-------東京さくさく-----

スポンサーサイト

| ポエムチック | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とんかつ 豚肉創作料理「美蔵(みくら)

ランチに行ってきたお店を紹介したいと思います。

商店街に店を構える「とんかつ」「豚肉の創作料理」の美蔵(みくら)。

お店からすぐ「こんんやく閻魔」という有名なお寺があります。

文京区は小石川、最寄り駅は都営三田線の春日駅、東京メトロ丸の内線の後楽園駅。

春日駅の店 美蔵(みくら) 看板

所要を済ませて、店前を通り過ぎようとしたところ、この看板。

当店自慢のイチオシ一品 とろとろ豚角煮
トマト煮自慢のトンテキ

春日駅の店 美蔵(みくら) 店の概観 入り口の写真

まずはこれに興味を持って足をとめてしまいました。

で、

お昼なのでランチメニューのみのようです。

ランチの時間 11:30~15:00(ラストオーダー14:00)

春日駅の店 美蔵(みくら) ランチメニュー

このランチメニューの中でなかなかお目にかかれない
豚の唐揚げの定食が入っているのがとっても興味を惹いたので入ってみることにしました。

春日駅の店 美蔵(みくら) ランチメニュー 豚の唐揚げ定食

店内は綺麗で正確な席の数ではありませんが4人テーブルが4卓。
カウンターが7人席くらいでしょうか。
テーブルは満席でした。
私はカウンターに案内されました。

*ランチのピークの時間だったのでほぼ満席でしたので撮影していません。

さて、豚の唐揚げ定食をっと頼もうとしたらお店の方が「豚の唐揚げは終わりました。」

がび~ん!!。

仕方ないなぁ~。

で、

チャーシューとろろ丼」を頼みました。

他のお客さんの様子をみると皆さん料理待ちなようです。

して、あちらこちらで少しづつ料理が運ばれて行く。

私の料理も待ち遠しいなぁ~と思っていると

テーブルから女性のお客さんの声がしました。

ミミガー」美味しい!!。

そのときは特に気に留めませんでした。

私のがきた~!!

丼!!ドン!!

チャーシューとろろ丼
 900円
あっ、あぁぁぁ~、、美味しそう・・。

春日駅の店 美蔵(みくら)チャーシューとろろ丼

丼の他にキュウリの漬物、なんだかわからない小鉢と味噌汁。

海苔の下に「とろろ」がかかっています。

先ずはチャーシューから。

やや香ばしい香りと美味しいタレの味付け。
脂身は少ない感じ。油っぽさは無くてたんぱくです。

春日駅の店 美蔵(みくら)チャーシューとろろ丼

好みで言うと「トロッ」とした脂身が沢山ある方が好きなのだけど「とろろ」と共に全体をまぜると一体感がある中にチャーシューの微妙な香ばしさがあり
多すぎない「とろろ」と「チャーシュー」の相性がよくて、とろろと合うんだなぁーと思いました。

あっさりともぐもぐと入って行きます。

それで、気になったのが丼の端にちょこっと添えてある山葵(わさび)。
たぶん市販のチューブのものでは無いんじゃないかと思うんですけども、これだけちょこっと食べるとそれほどツンっと来ずに甘い。

風味があるのに控えめで、甘いとも言えるかな。

山葵のことを聞きたかったけど、忙しそうなので聞けませんでした。

そしてこの山葵を交ぜて、ぜーーんぶをまぜて食べると!ああーうめー。この山葵ポイント!!。

善の他のものをいってみます。

味噌汁

可も無く、不可も無い。ふつう。
私はもっと熱々が好きだけどランチ中のことを考えると「中」。

漬物

浅漬けの糠漬け(ぬかづけ)で、平均点。おいしい。

なんだかわからない小鉢

ツルッっとさっぱり。ほんのり柚子の香り。
ああ、美味しいなこれ~っと思ってよくみるとこれは「ミミガー」でした。
なるほどさっき女性が言っていたのはこれか~。これはまさしく「豚の創作料理」のお店らしい。

一見、切干大根っぽいし、食べてみると酢の物系である感じなのに酸っぱくありません。
ミミガーのあの歯ごたえは全く無しなのが食べたこのの無い不思議な一品で。

春日駅の店 美蔵(みくら) ミミガー

柚子が強すぎない程度にホワッっと香りさっぱりとする。不思議で美味しい。

酢系につけて柔らかくしたのかな?。

この定食の総合の感想は完成されて美味い。
これなら好みの問題で他の定食を是非食べてみたいし、夜のメニューもきっと美味しいお店なんだろうから言ってみたい!です。

この店、美味しいお店だから友達に教えてやろーっと思い、箸袋の「美蔵」の店名を見たとき
そういえばこのお店が美味しいとその友達はすでに言っていたのを思い出しちゃいました。

友達は「豚丼が美味しい」と言っていたっけな。

絶対、夜の豚の創作料理を食べにきたいと思います!。

美蔵(みくら)のランチ

チャーシューとろろ丼 900円っで、ごちそーさま!!

春日駅の店 美蔵(みくら)チャーシューとろろ丼

HPのリンクなどの情報は「この記事の地図や動画などの情報の続きを読む」↓からよろしく!

≫ HPのリンク情報は「この記事の地図や動画などの情報の続きを読む」

| 東京散策 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

室内のフリーマーケット

寒さ、暑さ、雨、雪。

特に雨や雪が降ってしまったら、せっかく楽しみに買い物を予定していたフリーマーケットも中止。
出店を予定していた人はもっとがっかりでしょう。

ほとんどの場合、フリマは野外で行なわれるので仕方ありません。

後楽園東京ドームシティのあるプリズムホール室内のフリマですし、雨も雪も関係ない。
炎天下でも極寒でもゆっくり見れるし、規模も250店舗近く出店があります。

先日行なわれたプリズムホールのフリマは当日、雨。
前日から雨だったために恐らく、室内のフリーマーケットの開催場所を調べて人が殺到。

開始から1時間後には大変な混雑でよい品が売れてしまったのか見つかりませんでした。

街の一枚 東京ドームシティ プリズムホールの混雑フリーマーケット

プリズムホールのフリマの写真

---プリズムホールに関する詳しい記事は過去に記事にしています---

東京ドームシティ 「プリズムホール」でフリマ

東京ドームシティ 「プリズムホール」でフリマ その2

東京ドームシティ 「プリズムホール」でフリマ その3

都内 フリーマーケット フリマ

| 街の写真集 | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

登り龍

雲は風に流れて形を変え、型を成し、それを人が例えて絵と残す。
時には型を動物と捉え、異な形に願いを込めて神と崇める。

空想か誠か信じずとも、そこに見ること、感じることができるものが居る。

世の中の全てを科学で解くことができるなら、なんで照らし合わせることなく
普通は見えない世界のことを同じように話すことができるだろう。

登る雲 必ずしも人が描いた形で現れるとは限らない。

龍神。

登り龍 龍神 

登り龍 龍神 登り龍 龍神

| エトセトラ | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミュニティ99と1

輪、和、話(わ)。結ぶ、繋ぐ、触れ合う、分かり合う。
これを以って、コミュニティ?。

それには心と努力がいる場合もある。

それで?、得ていないのに得たと声に出してみても本当のことは自分が一番わかっている。

結局は気の合う者同士が自然に集まるものだよ。

輪の中にいるように装うだけが精一杯。

それでも個になるのは嫌だ。

2対1でも、それは「群れ」と「個」の優劣ができている。

99人の群れの笑顔。100人目になれなかった個は去って行くだけだ。

100人目になるには心と努力がいる場合がある。

だけど、99人は1人に誰一人気が付かなかった。

99人のうち一人が「仕方ない」と言った。

残りの98人はそうだねと言った。

99人の群れは「99人」の輪が全ての世界だと思い込んでいた。

東京さくさく ブレイクマーク

| ポエムチック | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カラス

東京の鴉(カラス)。ずいぶん減りましたよね?。
増えすぎた時には朝の生ゴミの収集日にカラスを見ない日がありませんでした。

巣を作ればその側を通った人間を空中から攻撃して威嚇し、緑の減った都会の安全な場所として電信柱に巣を作ったりして困らせることもありました。

カラスを見なくなったのは増えすぎたカラス対策に乗り出した東京都が公共の大きな公園などの目立たない場所にトラップを仕掛けたり、巣を撤去するなどの成果で少なくなったといえます。

そんなカラスが一羽、公園の片隅に落ちているお菓子をつまんでいる写真をなんとなく。

カラス 

--------- 一羽のカラスがちょっと街の角でひと休み。
すると、野良猫が何かを話している。

「もうずいぶん前から人間が捨てる残飯も青いネットが張られて頂戴しずらくなった

それは黒き羽に黒きクチバシ、黒い瞳で空を仰ぐ奴らのせいだ。
時には意味も無く年老いてヨボヨボになった俺達の仲間をつついてからかい、仔猫をさらう悪い奴らだ。

この間、その黒い羽を持つ奴らが話しているのを聞いた。」

「統一感も無く、様々な色の毛皮を着て、自分のことしか考えず、時には捕まえられもしないくせに俺達を刈ろうとしてる
マヌケな「猫」」と呼ばれる動物のせいで、ゴミ置き場のゴミを取り出しずらくなったんだ」

と。

ひと休みしていたカラスは思った。

「俺達はどんなに離れていても、危険が迫れば助けの声を上げる。
それを聞いた仲間は助けの声の場所へと飛んで来る。輪を描いて空を舞い、仲間を助けるんだ。
お前達猫はそんなことしないだろ?」

ひと休みしているカラスに猫が気が付き、油断したカラスは猫に捕まった。

カラスは大きな声で危険を知らせ、助けを求めた。

けれども、カラスの仲間は一羽も空には現れなかった。

この間、公園に落ちていた菓子、・・・おいしかったなぁ~。

カラスの目に最後に映った景色もおいしかった菓子の記憶も真っ暗に黒く消えていった・・。

---------- 東京さくさく

| ポエムチック | 10:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

JUCHHEIM (ユーハイム)のバウムクーヘン

ドイツのお菓子バウムクーヘン

バームクーヘンだと思ったら、正式には「バウムクーヘン」なんだね。

バウムクーヘンの歴史は古く、日本でも私が生まれたときからお歳暮やお土産にもらって食べる機会は昔からある定番の菓子。

なじみの菓子ですけども、最近食べた「JUCHHEIM (ユーハイム)」の「カールユーハイム」がすごく美味しかった。

一つ食べて写真を撮影しようと思っていたらついつい食べ続けてしまい
そのうち面倒になってしまって気が付いたら・・

パンフレットだけになってしまいました。

UCHHEIM (ユーハイム)

【SW】[カールユーハイム]バウムクーヘンシャイベン 14個入り (2697-2901-22637/286)【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】


感想(1件)



日本ではじめてバウムクーヘンを焼き上げたカール・ユーハイムの名前をつけた商品です。
で、シャイベンは食べ易い大きさに切り分けて小分けになっています。

もっと具体的な私的な感想を言いますと、ホワイトチョコレートが外側を包みこみ、当たり前に何層も重なって輪を重ねた生地から香るバターの香り。

パクッっと、かじってみれば、チョコがパリッと先にきそうなのにしっとりとした深みのある生地から程よい甘さと一体となったバターの香りが一段と食をそそり、後からホワイトチョコレートのアクセントがやってくる。

バウムクウヘンの形と同様に味も食感も全てが輪になってる。
こんなにおいしい~バウムクーヘン、はじめて食べました。

是非! 是非!!おすすめ!!

その他のJUCHHEIM (ユーハイム)商品←

*「人の舌や好みや感じ方は千差万別、このブログのあらゆる文章での表現はあくまで東京さくさく管理人の勝手な個人の感想です。」


| ご当地グルメ・お取り寄せグルメ | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

浅草の歩き方その3 「浅草七福神巡りの巡り2」

今回の記事は浅草の名所巡りの名物である「浅草七福神巡り」を私が巡れた分だけ記事にしたいと思います。

浅草七福神巡りって?浅草七福神って?という方は過去記事の

浅草の歩き方 その1「浅草七福神巡り」←

浅草の歩き方 その2 「浅草の移動手段」←

を読んでもらえればいいなと思います。

過去記事に載せたことを載せないので、出来ればみんな読んで欲しいかな。


浅草七福神を祀っている神社は九社寺あるのですが、その中の矢先稲荷神社と浅草神社は回っておりません。

浅草七福神は浅草の広い範囲に点在しているので比較的歩いて巡れる神社別に紹介したいと思います。
簡単に言うと歩いてセットで巡れる神社別の紹介です。

七福神巡りの巡回コース地図←をご覧になりながら記事をご覧下さい。

吉原神社 鷲神社

吉原神社 

御祭神 弁財天 

吉原神社 弁財天 

吉原といえば、吉原遊郭のあった地。
今もこの地には風俗系のお店が沢山あります。

吉原神社はそれほど大きな神社ではなく、こじんまりとした印象です。
この神社は少し他の神社と異なる点があり、普段は無人の神社です。

吉原神社 弁財天
元旦から18日にかけて社務を行なっており、その間は人が居ます。
その期間以外は人が居ないので御朱印等(*過去記事参照)を千束稲荷神社せんたばいなりじんじゃ)で押してもらうなどします。

お参りするだけならいいのですが、御朱印を押してもらいながら巡る場合は吉原神社から巡り、鷲神社をお参りして鷲神社から近い千束稲荷神社を、巡るのがいいと思います。

鷲神社 

御祭神 寿老人

鷲神社 福禄寿

国際通りに面した鷲神社酉の市でも知られる神社です。
有名な神社だけに年末から元旦にかけてはものすごく混雑します。

鷲神社でお参りした後に吉原神社でお参りをした弁財天の御朱印などをもらいに行きます。
国際通りを三ノ輪方面へ歩いて行くと千束稲荷神社が左手にあります。

千束稲荷神社付近地図

*千束稲荷神社の写真はありません。

御朱印等などをもらいながら巡るなら元旦から18日にかけては

鷲神社→吉原神社

それ以外の日は面倒ですけども吉原神社→鷲神社→千束稲荷神社と巡るのが順番かと思います。

ただ、矛盾していますけども、特に吉原神社でお参りした明かしを千束稲荷神社へ持ってゆく決まりはなかったと思いますので、吉原神社のお参りが済む前に千束稲荷神社で御朱印等をもらえるようならば、順番を逆に巡っても良いと思います。
*千束稲荷神社に確認してください。

浅草寺 浅草神社

浅草神社 

御祭神 恵比須

*浅草神社の写真はありません。

浅草寺  (影向堂)

御祭神 大黒天

影向堂 大黒天

浅草寺そのものが広い境内ではありますが仲見世があり、見ることに飽きません。

浅草神社から巡り、浅草寺をお参りしつつ、境内の影向堂の大黒天をお参りするのがよいと思います。
食べ歩きも、お土産買うのも見所、食べどころが満載なのでこの二つの神社を回るだけでも1時間以上かかってしまうかもしれません。

影向堂からすぐ側が花やしき通りです。
そこから花やしきで遊ぶのもいいです。

影向堂 大黒天

待乳山聖天 今戸神社

今戸神社 

御祭神 福禄寿

今戸神社 縁結び 今戸焼き 招き猫

今戸神社は縁結びでも知られる神社であり、招き猫でも有名で今戸焼きなる歴史の元に招き猫も多く作られたと言います。

今戸神社 縁結び 今戸焼き 招き猫
縁結びの良縁を祈願しつつ、歴史のある招き猫やお守りを頂き、福禄寿の神様にも幸福を祈願する。

そんな欲張りな願いに手を合わせましょう。
今戸神社 縁結び 今戸焼き 招き猫

待乳山聖天

御祭神 弁財天

待乳山聖天は正月に大根まつりという催しを行なっており、催しでは「ふろふき大根」が振舞われます。
大根をお供えするという変わった特徴があります。

待乳聖天 待乳聖天
台東区 浅草 7丁目 待乳山聖天(まっちやましょうてん)大根まつり 待乳聖天

*大根まつりについては公式HPでご確認ください。

この神社のすぐ近くには隅田公園があり、隅田川があります

ゆったりとお参りした後に隅田川の川の流れと東京スカイツリーを眺めながら時折ゆったりと下り上る貨物船や屋形船の景色にまったりと時間を過ごすのもお薦めですよ。


不動院 石浜神社

不動院 

御祭神 布袋

不動院周辺は全く何も無い印象しか残っていないのが正直なとこです。
もう浅草とはほど遠い場所に位置していると言ってもいいと思います。
不動院 布袋 不動院 布袋
細い地味な参道を行くと決して派手とはいえない趣の境内。
不動院 布袋 不動院 布袋

それほどのんびりできる空気でも無かったので石浜神社へ。

石浜神社 

御祭神 寿老神

石浜神社はもう、住所が荒川区の南千住です。
浅草とはいえないかな。(笑)。

やはり周辺には大きな見物は無く、とっても静かな印象ですが、大きな鳥居に広々とした立派で綺麗な境内とすぐ隣の土手と隅田川の静かな景観は不思議な空気をかもし出しています。

石浜神社 石浜神社
石浜神社 石浜神社

土手は整備されていてサイクリングやウォーキング、ランニングに最適な舗装がされています。
土手沿いに上っていっても何があるわけでも無いのですが、ガスタンクと団地と石浜神社と隅田川と陽の光の景観もまた私は好きです。

と、

歩いて10分~15分内で回れる神社をそれぞれまとめてみたのですが紹介した神社を歩いて1日で全て回るのはきついと思います。
特に私が回っていない矢先稲荷神社はどの神社とも近くなくないのでこの神社だけるだけでも大変です。

日を分けて巡るにしても1日で巡るにしても今回の記事が参考になればと思います。

HPのリンクなどの情報は「この記事の地図や動画などの情報の続きを読む」↓からよろしく!

---人気検索キーワード記事のまとめ---

地域・名所

スカイツリー グルメ

浅草のキーワードで関連記事を表示


≫ HPのリンク情報は「この記事の地図や動画などの情報の続きを読む」

| 東京散策 | 13:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜の木に実る「奇妙な芸術」

この木はなんだと思いますか?。これ、ソメイヨシノ桜の木です。
この写真を撮影したのは1月初旬。おかしいと思いませんか?。
ほら、枯葉がこんなについてる。

ソメイヨシノ 桜の木  

普通、桜の葉は1月には数枚も葉が残っていることは無いですよね?。
実はこれ・・。全部、

 
ソメイヨシノ 桜の木  

ドン!!
ソメイヨシノ 桜の木 

烏瓜からすうり)なんです。まるでレモンがたわわに実っているようにも見えますよね。
枯れた蔓(ツル)に数え切れない烏瓜。

今こうなっているということは桜の葉が生い茂ることから蔓がぎっしり枝に絡み付いていたのでしょう。

時として植物はヘンテコリンなコラボをしますよね。

でもやっぱりヘンテコリンだと思うのは人間の勝手だな。

街、町を歩いてみつけた芸術でした。
ソメイヨシノ 桜の木

| 東京散策 | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昔ながらの店構え

自転車で谷中の裏通りを抜け道に使って、ふと目についた中華料理店。
注目して欲しいのはこの「暖簾(のれん)」の高さと右の自動販売機の小銭を入れる部分。

いかにフォローの高さも暖簾の高さも低いかが伺えると思います。

昭和の中華料理店
 

全体を見るとこの感じ、すっごく昭和のスタンダードな中華料理屋という感じがしてたまらない。
概観は綺麗でまるで昭和の時代の中華料理店を再現したかのような感じで、写真を撮っちゃいました。

街の一枚 昭和な中華料理店の店構え

昭和の中華料理店

| 街の写真集 | 10:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

| PAGE-SELECT | NEXT

東京さくさく
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。